日曜プログラミング

ゲーム好きの中の人が、自分が作りたいアプリを作る記録です

エオルゼア文字を求めて番外編:ひんがしの国の文字を求めて

(2017/07/10更新)
この記事の推測はおそらく嘘です。
次の記事で謝罪しますので、そちらもご参照くださいませ・・・
blog.gelehrte.com




ネタバレにならない程度で、

ひんがしの国の文字って独特ですよね。クガネに入ると大きな文字が表示されます。

f:id:gelehrtecrest:20170708105952p:plain

これって調査している人いるでしょうか?そもそも翻訳できるのでしょうか。達筆な文字を調査するシステムがあればいいのですが、可能な限り見てみたいと思います。

右側の文字

読めるところから読んでいこう

ひんがしの国ということで文字は日本語、特に漢字が多いかと思われます。
となると、右上から3文字は・・・・・「五十三」かな。

五十三といえば

東海道五十三次が思い浮かばれます。
東海道五十三次 - Wikipedia

となると、「五十三」の次に来る文字は「次」かなぁ
と思って、グーグル先生に聞いてみる

つぎ
【次】
1.
すぐあとに続くこと。順序・順位がすぐあと(のもの)。 「―の日」
2.
馬や駕籠(かご)を乗りつぐところ。宿駅。宿場。 「東海道五十三―」

あー、宿場町か。あり得るな。

やはり日本語・漢字でありえそう?

ひんがしの国はアジアというイメージあるので、これは漢字と一対一対応できるのではないでしょうか。

左側の文字

正直、達筆すぎてわからないです

ん、達筆?毛筆?
毛筆なら、フォントが存在する?

衡山毛筆フォント行書

衡山毛筆フォント草書

特に草書系なら期待もてそう。この辺りを学習データとすれば、何かデータが得られるのでは・・・・・という妄想。

もう少し考察したいと思います。

それではー


スポンサーリンク