ゲレの工房

ゲーム好きの中の人が、自分が作りたいアプリを作る記録です

FF14雑記:5.1でのバトルメンターの条件が更新されたけど、ギャザラー・クラフターのメンター条件も確認しておこう

先日、5.1での戦闘系メンター条件が更新されました。
jp.finalfantasyxiv.com

f:id:gelehrtecrest:20191004072605p:plain

特に

  • MIPが1500必要になったこと
  • 製作採集メンターの条件を満たさないと、オンラインステータス「メンター」にできないこと(「バトルメンター」「PvPメンター」にはできる)

ということが大きな更新でしょうか。

さて、その記述の中で製作採集メンターの条件が変更されていないとだけ書かれていたのですが、製作採集メンターの条件って覚えていますか?

私は忘れていたので、少し調べました

製作採集メンターの条件

第52回のプロデューサーレターで公開されていたようですね。こちらのサイトから確認できます。
「第52回FFXIVプロデューサーレターLIVE」の動画とまとめを公開! (2019/6/21)

f:id:gelehrtecrest:20191004073125j:plain

ギャザラー・クラフターが1職以上がLv80に到達していることを除けば、蒐集品もとい収集品の条件は紅蓮までと変わらないようですね。
比較的、製作採集メンターの条件を見たいしている方は多いのではないでしょうか。

とりあえずビギナーチャンネルに在籍するためには、製作採集メンターを目指すのがいい?

私のサブキャラはMIPが少なく、戦闘系ではメンター条件満たせそうにないです。
f:id:gelehrtecrest:20191004073453p:plain

メンタールレは回していない私なので、ひとまずは大きな影響はないのかなと考えています。
誰かの参考になれば幸いです。

FF14雑記 : フォント作成しているけど、既に他の人がやっているんじゃないの問題について

ハッシュタグ #クガネ文字 で検索すると次のようなツィートを見かけました。

どうやら

したもののようです。
ですので、クガネ文字フォント及びエオルゼア文字フォントをすぐに使いたい方は、上記ツィートからアクセスしてフォントをダウンロードするといいかもしれません。

しかーし私はフォント作成を続けていく

予定です。
理由は3つ

現在、クガネ文字フォントが公開されている場所が個人GoogleDrive

私はGitHubという、基本的に誰でも触れる環境にフォントを置くようにしています。
フォント置き場にはフォントへの直リンクしか書いてありませんが、見る人がみればGitHubで公開されているとわかり、管理されているURLもわかるでしょう。
将来的にはGitHubの場所も公開したいと思います。わかりやすく。

なぜGitHubで公開するのがいいか

GitHubというものになじみがない方も多いかと思いますが、簡単に説明すると、ここに置いてあるものはみんなが自由にダウンロードしたり改変・再開発・再配布していいよ(語弊のある表現ですが)という場所なのです。
GitHubにはフォント1文字ずつのSVG形式のファイルや、フォント化する前のGlyphアプリの保存ファイルも公開してあります。もちろん1文字ずつのPNGも公開しています。

1文字ずつのSVG形式・PNG形式の文字公開

SVG形式のファイルはAdobe社のillustratorなど、様々な画像加工・作成ソフトで加工できます。ベクター画像ですからね。
私のフォントが形がずれているとか、もっとフォントを綺麗にしたいという人の土台になればいいかなと思っています。

また、PNG画像をダウンロードして、ロゴなどの画像作品に用いていただいても構いません。

公開されているクガネ文字フォントが、すでに非公開になっているEorzeaExtendedを取り込んでいる

理由はわかりませんが、海外の方が作られたEorzeaExtendedというフォントが非公開になっています。
Final Fantasy XIV Fonts - dachoutom
サイトを見る限り再配布や改変などを許可している様子はないので、車輪の再開発になりますが再開発したいと思います。
またGitHubという外部サービスで公開すれば、非公開になることもないだろうという気持ちもあります。

私のツィートでしばらくまたフォント作成のことが多く流れると思いますが、お付き合いいただければ幸いです。

あ、でも、すでに作ってあるクガネ文字フォントは参考にするかもですよ(=゚ω゚) 参考にするぐらいは良いよね。

自分のブログで公開されているWebフォントを使う

Hello World!

と突然謎の文字を書いてみました。
上記は「Hello World!」と書いています。
フォントは私が遊んでいるFF14で使われているノルヴラント文字のフォントを使いました。
このフォントは私の自作なのですが、この記事のブログシステム:はてなブログ上にアップロードしたわけではありません。
今回の記事は自分のブログでWebフォントを使うお話です。

続きを読む

FF14雑記 : エオルゼアでもくもく会

もくもく会とは。
IT業界とかではたまに使われる用語なのですが、ただただ個々人が黙々と自分のやりたい作業をするだけの集まりです。
それをエオルゼアでもできれば良いなって思っています。

f:id:gelehrtecrest:20190917224015p:plain

今日の記事はそんなお話です。

続きを読む

時間か時給分のお金のどちらか貰えるとしたら

仮に時給1000円として、神さまに

  • 8時間分の追加寿命時間
  • 時給分のお金 8000円

どちらか貰えるチャンスがあればどっちをもらいますか。というお話。

先日、オンラインゲームFF14内のチャットルームでこのお話をしました。
その時は他の方々からは「時間!」という意見がたくさんあがりました。
たしかに、病床で寿命僅かならば、私も時間を選ぶでしょう。

でも、多くの場合、お金を選択した方が良いと思います。
今回はそういうお話です。

続きを読む

FF14雑記 : ところで漆黒拡張行われたけど、部位破壊のCERO申請は行ったのかな

紅蓮パッチ内で行われたモンスターハンターとのコラボ。
モンスターハンターといえば部位破壊によって獲得できる素材が増えるのがよく知られています。

ところがFF14はより広いユーザーに遊んでもらうため、暴力的表現を可能な限り抑えたものになっています。
そのため生き物の部位の切断や、切断面の表現(欠損表現)ができないようになっています。

しかし、やはりモンハンコラボの時、吉田プロデューサーからの発言からも、欠損表現をどうにか表現したいようでした。
dengekionline.com
f:id:gelehrtecrest:20190904221402p:plain


欠損表現をFF14に組み込むためには、メジャー拡張パッチのタイミングじゃないとCEROに申請できないそうです。
さて、モンハンコラボが行われたのは紅蓮パッチ。現在のFF14は漆黒パッチ。
欠損表現追加についてCEROに届け出提出されたのでしょうか。

続きを読む

FF14雑記:「おはララジェネレータ」から「ロゴぺた」へと改名した経緯などなど

題目通りですが「おはララジェネレータ」として実装していましたアプリですが、名称を「ロゴぺた」と変えました。


理由としては以下のツィートで書きました。


実際「ロゴジェネレータ」でGoogle検索すると、ロゴを作るジェネレータがたくさん検索にヒットするんですよね。
勘違いする方もいらっしゃると思いますので、名称変更としました。

ツィートに対しては多くのレスをいただきありがとうございました。
その中の一つを採用し、今回の「ロゴぺた」という名称としました。

URLなどは変更されていませんので、今までのままのお気に入り・ブックマークからアクセスできます。
https://gelehrtecrest.github.io/ohalala-ss-generator/

よろしくお願いします。
f:id:gelehrtecrest:20190830171539p:plain


スポンサーリンク