ゲレの工房

ゲーム好きの中の人が、自分が作りたいアプリを作る記録です

FF14雑記:エオルゼア文字を求めて:フォルタン伯爵の回顧録を読んでみた

GWどのようにお過ごしですか?
私は少し時間があるので、以前から読みたいと思っていたエオルゼア文字を読もうかと思います。

ちょっと読みにくい解像度だったりするので、語字・誤読がたくさんあると思います。
読める範囲で読んで、訳してみました。

左側のページ

Following the battle with Nidhogg on the Steps of Faith, Ser Aymeric called an assembly that he might make his final proclamation as acting head of state 'Twas there, with one decree, that the thousand-year rule of the archbishops was ended, paving the way for a new republic.

雲廊でのニーズヘッグとの戦いの後、アイメリク卿は、国家元首代行としての最後の宣言をするために集会を招集した。
そこでは、大司教たちによる1000年にわたる支配を終わらせ、新しい共和国への道を開くという1つの命令が下された。

The governance of lshgard would aow be placed in the hands of high and lowborn alike, their ranks represent ted by the newly founded House of lords and House of Commons, Church was separated from state. The foundation for change had been carefully laid, and the reforms proposed by ishgard's new government passed into low without incident

イシュガルドの統治は今後、貴族と下層民の手に委ねられ、貴族院と下院が新たに設立され、教会は国家から分離されることになった。
改革のための基盤は慎重に整えられ、イシュガルドの新政府が提案した改革は、問題なく下層階級に受け継がれた。

His duty done, Aymeric de Borel gladly stepped down from the archbishop's dais .. only of be raised unto highest seat in the House of lords.

義務を果たしたアイメリク・ド・ボーレルは、喜んで大司教の座を降りた。
..ただ、貴族院の最高位に座ることになっただけだが。

右側のページ

Though he strove at first to refuse this honor, the unexpectedly strident voice of the Count de Durendaire left him little choice but to accept.

最初は断ろうとしたが、デュランデル伯爵の思いがけない声に、彼は受け入れざるを得なかった。

And so it was that the winds of gentle revolution come to stir.

そして、穏やかな革命の風が吹いてきたのである。

Prominent among the many honored guests at Ser Aymeric's investiture were the ambassadors of dragonking, a fitting symbol of Ishgard's newfound peace. The people looked on in awe as he soared through the heavens on dragonback and by their cheers did they heil him an Azure Dragoon for a new age.

アイメリク卿の叙任式では、多くの賓客の中でも、イシュガルドの新たな平和の象徴である竜王の大使が目立っていた。
人々は、彼が竜の背に乗って天空を舞うのを畏敬の念を持って見守り、その歓声によって、彼を新時代の蒼の竜騎士と讃えた。

Thus were the notes of Dragonsong rewritten, the din of war giving way to a rising litany of peace and hope.

こうして、竜詩の音符は書き換えられ、戦争の騒音は平和と希望の歌声へと変わっていった。

Edomont de Fortemps

エドモン・ド・フォルタン

正しい日本語記述は「愛用の紀行録」で

「最期の咆哮」で、カットシーン2から4にかけて読めます。
ボイス付きなので、こっちのほうがいいかもしれませんね。

少しでも思い出を振り返るきっかけになれば幸いです。


広告