ゲレの工房

ゲーム好きの中の人が、自分が作りたいアプリを作る記録です

FF14雑記:6.2で分かったヴォイド文字の情報と、アラグ文字の考察

まだ6.2メインクエストやっていない方もいらっしゃると思いますので、ブログにてワンクッションおいて妄想などを語りたいと思います。

ヤ・シュトラ様の発言

アーテリス文字とエオルゼア文字とノルヴラント文字に共通点がある?

これについては以前少しブログ記事を書きました。
blog.gelehrte.com

そちらの記事でも追記したのですが、ここでもその内容と追記した内容を少し。

まず、エオルゼア文字とアーテリス文字が似ていることは運営の意図していることで、世界設定的な意味があるのかと思います。また、以前のブログ記事ではノルヴラント文字は例外のような書き方をしましたが、文法上は似ている(ヒカセンが見る限り英語準拠)ので、文字としても似ている部分は大きいのでしょう。
それがなぜエモいことなのかは、以前の記事を見てください。

アラグ文字だと思っていたもの

スカルミリョーネが使っていた魔法?らしきもの

こちらの模様は以前アラグ文字だと思って、画像素材化していました。
blog.gelehrte.com
ざっくり話と、アラグ関係の敵対キャラや、アラグ関係のジョブのアクションにこの文字画像が用いられているからです。こんな素材も作ったぐらいです。

アラグ帝国とヴォイド世界

有用なコメントを頂いたので引用


スカルミョーネとアラグとは無関係とは言えないので、このあたりは何か関係性が出てくるかもですね。スカルミョーネのような妖異が使っていた魔法をアラグ帝国が学習して、アラグ帝国以降でこの文字を使った魔法・アクションが生まれていったのかもしれません。

となると、今まで私がアラグ文字だと思っていたのがヴォイド文字かもしれませんね!

以上、妄想でした。また何か情報が分かり次第、記事にしたいと思います。


広告