ゲレの工房

ゲーム好きの中の人が、自分が作りたいアプリを作る記録です

FF14雑記:自作アプリ「言語を超える力」でやりたいことを「遊戯王ニューロン」を参考に考えてみる

こちらの記事はFF14のブログ記事ですノ`・ω・)ノ

ところで先日「遊戯王ニューロン」というアプリが公開されました。
そのアプリが私の自作アプリ「言語を超える力」でやりたいことのアイデアに近いなと思い、メモを残したいと思います。
また、私のやりたいことを他の人たちに知ってもらいたいという意味でも読んで欲しいブログ記事です。

www.konami.com

それぞれのアプリ

言語を超える力

私の制作中の自作アプリです。
FF14スクリーンショットからFF14で使われているエオルゼア文字を画像読み込みし、英数字として認識させるアプリです。
詳しくは私のブログ記事を参考にしてください。

blog.gelehrte.com

遊戯王ニューロン

KONAMI社のTCG遊戯王OCGのサポートアプリです。
今回参考にするカメラ機能以外にも、様々な機能が用意されています。
詳しくは公式サイトを参考にしてください。
www.konami.com

遊戯王ニューロン」アプリの何が「言語を超える力」アプリ制作の参考になるか

もちろん遊戯王FF14と、ジャンルが全く別のものですが、カメラアプリの機能・UIとしては参考になります。

遊戯王ニューロン」では遊戯王OCGのカードを複数枚読み込み、カードの情報を登録できる

私が良く見ているYouTuberの方(サンダー カード&ホビーチャンネル)の動画ですが、こちらをどうぞ。
見て欲しい部分から動画が再生されるはずです(9:30から12:00ぐらいまで)

要するに、複数の対象をカメラで撮り、カメラで撮った画像からデータベースで対応するものを取ってくるというアプリ機能です。
「言語を超える力」では、カメラではなくスクリーンショットを目標としていますが、画像から複数対象を取ってきてデータベースから対応するものを取ってくるという意味では同じような機能です。

遊戯王ニューロン」をインストールしてみた

実際に操作感を感じるためにインストールしてみました。

「遊戯王ニューロン」をインストールしてみた

こういう参考になるアプリは、自分の活動の刺激になりますね。


スポンサーリンク