ゲレの工房

ゲーム好きの中の人が、自分が作りたいアプリを作る記録です

FF14雑記:言語を超える力の歴史を振り返りたくなった。2017年~2020年9月

FF14も新生祭
FF14から数えると9月30日で10周年を迎えます。

私が唱えていたエオルゼア文字を機械翻訳するアプリ「言語を超える力」プロジェクトも、開始してから3年以上経ちました。
ちょっと振り返りたいなとふと思い、この記事を書いています。

また、「言語を超える力」についてFF14内のどこかで思い出話を語りたいなと思い、その資料としても使いたいなと思います。

v1.0の思い出(2017年頃)

最初はAWS+TensorFlowの組み合わせで作っていた

ひとまずの完成、と銘を打ったのはこの記事でした。
blog.gelehrte.com

ブラウザアプリとして実行したいと思い、ドメインを取りました。
ただ、サーバーアクセスが安定せず、たまにチェックしていますがサーバーが落ちてる時があります。
色々無理をし過ぎているんですね。
languageecho.com
http://languageecho.com/

ただ、今思うと、

  • このドメインを取ったこと
  • 「言語を超える力」と名付けたこと

この2つはすごい成果だったと思っています。

ブラウザアプリとしての動作

この当時のアプリとしては、

  • スマホのカメラ機能を使い、
  • ブラウザからエオルゼア文字を切り取り、
  • 色調の調節をして、
  • サーバーに送る

これをjavascriptで実装していました。

今考えると、かなり無茶をしたプログラミングだったなぁと思います。
ただ、今後このプログラムは流用できると思っていて、今作っている「言語を超える力ver2」でも生かせるかもしれません。

Neural Network Consoleを使ってディープラーニングの構造を考えていた(2017年頃)

今でも公開されているNeural Network Consoleというシステム
Sony様から出されているので、見てみると楽しいかもしれません。
dl.sony.com

このNeural Network Consoleは、ディープラーニングの仕組みを考えるのに役立つシステムでした。
この当時、すでにある程度のエオルゼア文字のデータセットが出来上がっていたので、そのデータを使った考察などを行っていましたね。
blog.gelehrte.com

ただこの頃から、「自前でディープラーニングのシステムを考えるのは難しすぎないか?」とか考えていました。

v1.5の思い出(2018年頃)

iPhoneアプリAndroidアプリ化した

スマホアプリ化させようとしたのは2018年頃の話
blog.gelehrte.com

アプリ化することで使いやすくなるかなと思っていたころの話です。
企画用の画像とかも作っていましたね。
「言語を超える力」をアプリ化させようとしていたころの話

この頃から、

  • エオルゼア文字から英文字の候補を出す
  • それをユーザーにチェックしてもらう
  • チェックして、正しい英文字を選んでもらう
  • その結果をサーバーに送る

ということを考えていたようです。
この考え方自体は今も続けていきたいと思います。

とにかくエオルゼア文字を探していたころの思い出(2019年)

学習データが足りないんだ!
と自分に言い聞かせてライフワークにしていたあの頃です。
blog.gelehrte.com

実際遅々としてシステム開発が進まず、悩んでいたころです。
今でもエオルゼア文字を探す旅は続けていますね。

v2.0の思い出(2020年初旬)

IBMの力を借りようと思い立ったころ

2020年になって、いい加減なんか新しく技術を取り入れなきゃって思って、IBM のWatson。
Visual Recognition(画像認識)のシステムを利用しようとし始めたのがこの頃です。
blog.gelehrte.com

2020年現在もこの契約を続けていて、システム開発を続けています。

ハッシュタグ「言語を超える力でこのSS読んで」を作った思い出

これがこの記事執筆時の頃の思い出です。
固定ツイートもこのハッシュタグに関するものにしています。

今後もハッシュタグ#言語を超える力でこのSS読んで」をよろしくお願いします!

今後の予定

まずライフワークとして

これを続けて行きたいと思います。

また、機械学習についての新しい情報を取り入れていきたいですね。
今後も思い出話をメモに残したいなと思います。


スポンサーリンク