ゲレの工房

ゲーム好きの中の人が、自分が作りたいアプリを作る記録です

FF14雑記:「占星術師」と「占星術士」では意味が違うことを知っていましたか?

ふと第三次イシュガルド復興ランキングが終わり、イシュガルドをフラフラと歩いていたら面白そうなネタが見つかったので備忘録です。
この違いを知っていましたか?

占星術師と占星術

光の戦士がジョブチェンジできるのは「占星術師」

一般的に、光の戦士がなれるのは「占星術師」の方です。
jp.finalfantasyxiv.com

しかし、FF14には「占星術士」という言葉も出てくるようです。
その違いは言葉遊びのようなものでした。

シャーレアン式とイシュガルド式との占星術

こちらのスクショでそのまま表されていますね。

シャーレアン式占星術を扱う者を「占星術師」
イシュガルド式占星術を扱う者を「占星術士」

と言うようです。

というつぶやきをTwitterでしてみたところ、こんな疑問を返してもらいました。

確かに!

というわけで、英語クライアントで試してみました。

英語版FF14での占星術師・占星術士の言葉の使い分け

クライアントを英語にして、該当部分の会話をスクショ

読みにくいので、チャット欄から文字を書きだし引用。

Guillestet: Astrology originated thousands of years ago in Sharlayan, and was introduced to Eorzea when the Sharlayans founded their colony in the Dravanian hinterlands.
Guillestet: It remained a minor field of study, eclipsed by larger ones such as conjury and thaumaturgy, until three centuries ago when an Ishgardian astrologian by the name of Adaunel the Younger discovered that the stars could be used to determine the movements of the Dravanian Horde.
Guillestet: It was then that Ishgardian astrology was born, the focus moving from fortune-telling and fate-scrying to preventing the death of knights by knowing when and where the Horde would arrive.
Guillestet: You will not see an Ishgardian astrologian carrying about a star globe or an astrolabe. You will not see him consulting with a divining deck or gazing into the stars, hoping to draw forth its aether and use it to manipulate fates.
Guillestet: You will not hear talk of the gates of the seven heavens or the chantings of minor spells woven to heal cuts or enmusculate sword arms.
Guillestet: At least, you did not used to. As of late, however, there are many, both low and noble-born, who have begun to take up the discipline. Times are changing, and I know not whether to be happy or scared to have been witness to it all.

大事なところだけ抽出すると

単にシャーレアン式占星術とする場合は「Astrology」
イシュガルド式占星術の場合は「Ishgardian astrology」

のようです。
もっと色々なNPCと話しかけるとどこかで、「Sharlayans astrology」って出てくるのかもしれませんけど、ちょっとそこまでは調査できませんでした。

色々探索すると面白いものですね。
また何か発見がありましたら、備忘録に残したいと思います。


スポンサーリンク