ゲレの工房

ゲーム好きの中の人が、自分が作りたいアプリを作る記録です

FF14雑記:言語を超える力:The Mirror

おはようです今日の #言語を超える力 データ入れは中央森林の看板「The Mirror」(鏡池)判定が怪しいのと、The MirrorだけだとFF14のどこの場所かわかりにくいですね今日も良い日でありますようにhttps://t.co/ZEoCc4OkkT#おはララ #FFXIV #FF14SS #XIV_PICTC…

FF14雑記:言語を超える力:RedRoosterStead

おはようです#言語を超える力 データ入れは低地ラノ「RedRoosterStead」(レッドルースター農場)判定もキレイに表示あと判定結果からGoogle検索できるようにしました!https://t.co/Ja9BBd8PtM今日も良い日でありますように#おはララ #FFXIV #FF14SS #XIV_PIC…

FF14雑記:英語で楽しむFF14・その20:グランドカンパニー加入した後、シルフ族のところに行くまで

ここのところ英語で楽しむFF14の企画で、メインクエストを進められていませんでした。前回の記事はかなり昔になります。blog.gelehrte.comここから進められたところまでをメモしたいと思います。

FF14雑記:言語を超える力:エオルゼア文字判定結果をGoogleで検索できるように

前回の記事で、エオルゼア文字を文章別に判別できるようにしました blog.gelehrte.com例えばこのような看板を こう判定できるようにしました まだ正確ではない判定なのですが、これから精度が上がると検索結果が良くなると思っています。そこからできること…

FF14雑記:言語を超える力:エオルゼア文字を英字として読めるように高さなどの調節をした話

そろそろ寝る準備をします。 #おつエレ です。#言語を超える力 のデータ入れは蒼天ポスターMの「I'm very sorry」です。少し作業をして、文字を列に揃えて単語が分かりやすく見えるようにしました。その修正についてはまたブログ書きます。それではおやすみ…

FF14雑記:パンデモニウム辺獄編・煉獄編で判明したアーテリス文字の追記

先日、私が良く見に行っている焼酎うめぇ様の配信にて、「煉獄編の地図の文字ってアーテリス文字だね」ってことに気付かされました。 放送後慌てて、辺獄編から煉獄編を一気にクリアして、地図のスクショを撮ってきました。そこで分かった文字などもあります…

FF14雑記:英語で楽しむFF14・その19:新生祭2022

今回の記事は短めに。感じたことを書きたいと思います。前回の記事はこちら blog.gelehrte.com

FF14雑記:パンデモニウム辺獄編零式武器に出てくる文字についてと、煉獄編:零式に向けて

歴史好きの一人としてゲレさんの文字の考察をいつもとても楽しく読ませていただいております。パンデモニウム辺獄編の零式武器に文字のようなものが浮かび上がるのがずっと気になっているのですよね。これは赤魔道士のものです。関係ないかなぁと思いつつ・…

FF14雑記:6.2で分かったヴォイド文字の情報と、アラグ文字の考察

まだ6.2メインクエストやっていない方もいらっしゃると思いますので、ブログにてワンクッションおいて妄想などを語りたいと思います。

我が家のフクロモモンガの家系図をGitHub gistとMermeidで生成した話

どうしても血の交わりとかが交差するので、人間のようには描けないので、MarkdownのMermeidというものを使って書きました。gistはこちら フクロモモンガ家系図.md · GitHub Mermeidについて詳しくはこちらを blog.gelehrte.com本当は各名前のところに写真と…

FF14エオルゼア文字翻訳プロジェクト「言語を超える力」は誰のものか:私のプレイスタイルについてなど

私はついつい語りたくなる病気に罹っています。本文章も文字多め、また私個人の思いを詰め込んだ気持ち悪い文章になるかと思いますが、それでもよろしければご一読いただければ幸いです。

FF14雑記:英語で楽しむFF14・その18:巴術士クエ~学者クエLv50

前回の記事はこちらです。また少しこの企画の記事の間が空いてしまいました。言語を超える力プロジェクトのほうが一段落したので、この英語で楽しむFF14プロジェクトも進めたいですね。blog.gelehrte.com

OpenCVとPillowで外部フォントを使った文字を書く

FF14に出てくるエオルゼア文字翻訳アプリ「言語を超える力」。内部としてはTensorFlowを用い、物体検出の推論結果をOpenCVで加工して表示しています。詳しくは以前の記事を。blog.gelehrte.comここで用いている「Object Detection API」とサンプルスクリプト…

エオルゼア文字認識のためのTensorFlow/TFRecord形式画像データセットの公開

私が個人的にエオルゼア文字翻訳アプリ「言語を超える力」のために、FF14の画像データを物体認識によってエオルゼア文字を英数字にクラス分けするためのデータとして、TensorFlowのファイル形式TFRecordにより画像データを作成しました。私自身が完成した「…

睡眠障害と睡眠時無呼吸症候群を患っている話

まず初めに、おそらく睡眠障害と睡眠時無呼吸症候群には合併症とか関係性とかは無いと思います。ただ、その両方を私が患っているという話です。 特に医学的な情報は書かないので、そのあたりを期待して本記事を見に来た方は、ブラウザバックした方が良いかも…

FF14雑記:エオルゼア文字翻訳アプリ「言語を超える力」のWebベータ版を出すまでに5年かかった話

ちょっと思い出話をしたくなって記事を書かせていただきます。主にFF14の話になり、技術的な話は最小限にしたいと思います。 「言語を超える力」というアプリを知らない人のために話しますと、FF14というゲームの文字を機械学習・物体認識で英数字に変換する…

FF14雑記:言語を超える力Web環境構築:ベータ版の公開

前回の記事はこちらblog.gelehrte.comとりあえずできたところまで。一旦遊べるところまでできたので、URLを公開します。 https://languageecho.com/

IFTTT Proのfilterで、YouTube動画を予約投稿したらTwitterなどで自動通知投稿するときのfilterテンプレート

IFTTTというサービスは、いろんなトリガーとトリガーをつなぐことができます。例えばYouTube動画が投稿されたら、その通知ツイートを投げることとかができます。更に少し定期課金が必要ですが、IFTTT Pro契約すると、フィルタ機能でいろいろできます。今回は…

FF14雑記:言語を超える力Web環境構築:TensorFlow + Object Detection API用にDockerfileを書いて、DockerイメージをAWS ECR+Lambdaで動かすテスト

前回の記事はこちらですblog.gelehrte.com前回、AWS S3にある画像をAWS Lambdaで処理する練習を行いました。今回は実際にObject Detection APIによる物体検知を実際に動かしてみます。

FF14雑記:エオルゼア文字翻訳アプリ「言語を超える力」は利用規約違反か否か

ちょっと語りたくてこんな記事を書いています。あくまでも私の考えを書き記す記事なので、ご批判もあるかと思います。もしよろしければコメント欄やTwitterへレス・DMいただけると嬉しいです。

FF14雑記:言語を超える力Web環境構築:AWS S3に画像ファイルをAWS Lambdaで画像処理する部分までの勉強

やりたいことはこちら。簡単に言うと、FF14というゲームのスクリーンショットをTensorFlow・Object Detection APIを使って加工するLambda関数を作りたいということです。blog.gelehrte.com前回の記事はこちらですblog.gelehrte.com前回は、AWS ECRを使ってAW…

FF14雑記:言語を超える力Web環境構築:Windows環境でPython+AWS ECR(Amazon Elastic Container Registry)+Lambdaの勉強

前回の記事はこちらですblog.gelehrte.com前回の記事でWindows環境にDockerを入れられたので、Dockerで作られた環境をAWS ECRにアップロードし、Lambdaに入れる作業を学びたいと思います。Docker+pythonを使うのは、TensorFlowを動かしたいからです。 また、…

FF14雑記:言語を超える力備忘録:「Object Detection API」と「Object Detection Tools」の設定をFF14スクリーンショット用に直した話

以前の記事はこちらblog.gelehrte.com FF14のスクリーンショットからエオルゼア文字を英数字にクラス分けさせるため、TensorFlow+「Object Detection API」と「Object Detection Tools」を使っています。その設定のお話です。

FF14雑記:言語を超える力Web環境構築:AWS ECR+Lambda+TensorFlow環境を整えるために、Windows にUbuntu・Docker環境を整えた作業メモ

私はFF14のエオルゼア文字を英数字に変換するアプリ「言語を超える力」を開発中です。内容はTensorFlowとObject Detection APIを用い、FF14のスクリーンショットからエオルゼア文字を探し、英数字にクラス分けするという中身です。「言語を超える力」を外部…

FF14雑記:言語を超える力に合わせて、TensorFlowの学習データをdata augmentationで増やす話

今回の記事もほぼ備忘録です。 前回の記事はこちらblog.gelehrte.com簡単に言うと、「Object Detection API」の物体検知を使って、FF14というゲームのスクリーンショットからゲーム特有の文字エオルゼア文字を英数字にクラス分けしたいという話です。

FF14雑記:言語を超える力:すごく当たり前だが、TensorFlowでちゃんとGPUを有効化しておくと学習速度が早くなる話

前回の記事はこちらblog.gelehrte.com今まではGPUが使えないよーってエラーが出ていたのですが、スルーして作業していました。お陰で学習時間が数時間かかることに。GPUを使えば30分程度で終わったという自戒を込めた記事です。具体的にはNVIDIAドライバとCU…

FF14雑記:「Object Detection API」で物体検出し「言語を超える力」でFF14のスクショから英数字をつけたファイルを書き出す進捗報告

前回の記事はこちらblog.gelehrte.com今回も私の備忘録です。

FF14雑記:「Object Detection API」で物体検出を用い、エオルゼア文字を翻訳するアプリ「言語を超える力」を作り直すための備忘録

今回の記事はほぼ私の作業メモとなります。もうしわけありません。

FF14雑記:備忘録:パッチ6.1で追加されたロールエクストラクエストで出てきた文字は新しい文字?

備忘録として残しておきたいと思います。相変わらずですがパッチ6.1のネタバレを含むので、それでも良い方だけお読み下さい。相変わらず切り抜きが多い記事になるので、先にコピーライトを。 (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

FF14雑記:英語で楽しむFF14・その17:エッグハント2022 : ノフィカ様のおっぱい!

ノフィカ様のおっぱい!失礼しました。前回の記事はこちらです。少し間が空いてしまいましたね。blog.gelehrte.com今回もシーズナルイベント、エッグハント2022からの記事です。


広告