ゲレの工房

ゲーム好きの中の人が、自分が作りたいアプリを作る記録です

FF14雑記:エオルゼア文字を求めて:守護天節2019の報酬にはエオルゼア文字がなかった話

タイトル通りのお話なのですが、備忘録として残しておきます。

守護天節のポスター2019


パンプキンキャリッジ

外の様子

f:id:gelehrtecrest:20191017193804p:plain

中の様子

f:id:gelehrtecrest:20191017193820p:plain

最近の家具にはエオルゼア文字が書いてなくて寂しいなぁ(´・ω・`)

WebFontLoaderで外部Webフォントを読み込み、CreateJsで生成する文字に適用する。

前の記事でFF14プレイヤー向けに記事を書きました。
blog.gelehrte.com

この中の技術がどのようにして行われているかをメモしておきます。

続きを読む

FF14雑記:ノルヴラント文字ジェネレータの公開

ノルヴラント文字のフォントをインストールするのがめんどくさい・わからないという(‐_‐)σアナタ
ノルヴラント文字のロゴをダウンロードできるアプリを作りました。

gelehrtecrest.github.io

文字の色や大きさ、角度、濃さなどを変更することが可能です。
ご利用・ご感想などをいただければ幸いです。

例)Hello Norvrandt
f:id:gelehrtecrest:20191011140737p:plain


まぁ、むーむーさんのクガネ文字コンバーターのネタをパクり・・・・もといインスパイアされて作りました。


後日、私なりのクガネ文字コンバーターエオルゼア文字コンバーターも作ろうかなと思っています。

FF14雑記:5.1でのバトルメンターの条件が更新されたけど、ギャザラー・クラフターのメンター条件も確認しておこう

先日、5.1での戦闘系メンター条件が更新されました。
jp.finalfantasyxiv.com

f:id:gelehrtecrest:20191004072605p:plain

特に

  • MIPが1500必要になったこと
  • 製作採集メンターの条件を満たさないと、オンラインステータス「メンター」にできないこと(「バトルメンター」「PvPメンター」にはできる)

ということが大きな更新でしょうか。

さて、その記述の中で製作採集メンターの条件が変更されていないとだけ書かれていたのですが、製作採集メンターの条件って覚えていますか?

私は忘れていたので、少し調べました

製作採集メンターの条件

第52回のプロデューサーレターで公開されていたようですね。こちらのサイトから確認できます。
「第52回FFXIVプロデューサーレターLIVE」の動画とまとめを公開! (2019/6/21)

f:id:gelehrtecrest:20191004073125j:plain

ギャザラー・クラフターが1職以上がLv80に到達していることを除けば、蒐集品もとい収集品の条件は紅蓮までと変わらないようですね。
比較的、製作採集メンターの条件を見たいしている方は多いのではないでしょうか。

とりあえずビギナーチャンネルに在籍するためには、製作採集メンターを目指すのがいい?

私のサブキャラはMIPが少なく、戦闘系ではメンター条件満たせそうにないです。
f:id:gelehrtecrest:20191004073453p:plain

メンタールレは回していない私なので、ひとまずは大きな影響はないのかなと考えています。
誰かの参考になれば幸いです。

FF14雑記 : フォント作成しているけど、既に他の人がやっているんじゃないの問題について

ハッシュタグ #クガネ文字 で検索すると次のようなツィートを見かけました。

どうやら

したもののようです。
ですので、クガネ文字フォント及びエオルゼア文字フォントをすぐに使いたい方は、上記ツィートからアクセスしてフォントをダウンロードするといいかもしれません。

しかーし私はフォント作成を続けていく

予定です。
理由は3つ

現在、クガネ文字フォントが公開されている場所が個人GoogleDrive

私はGitHubという、基本的に誰でも触れる環境にフォントを置くようにしています。
フォント置き場にはフォントへの直リンクしか書いてありませんが、見る人がみればGitHubで公開されているとわかり、管理されているURLもわかるでしょう。
将来的にはGitHubの場所も公開したいと思います。わかりやすく。

なぜGitHubで公開するのがいいか

GitHubというものになじみがない方も多いかと思いますが、簡単に説明すると、ここに置いてあるものはみんなが自由にダウンロードしたり改変・再開発・再配布していいよ(語弊のある表現ですが)という場所なのです。
GitHubにはフォント1文字ずつのSVG形式のファイルや、フォント化する前のGlyphアプリの保存ファイルも公開してあります。もちろん1文字ずつのPNGも公開しています。

1文字ずつのSVG形式・PNG形式の文字公開

SVG形式のファイルはAdobe社のillustratorなど、様々な画像加工・作成ソフトで加工できます。ベクター画像ですからね。
私のフォントが形がずれているとか、もっとフォントを綺麗にしたいという人の土台になればいいかなと思っています。

また、PNG画像をダウンロードして、ロゴなどの画像作品に用いていただいても構いません。

公開されているクガネ文字フォントが、すでに非公開になっているEorzeaExtendedを取り込んでいる

理由はわかりませんが、海外の方が作られたEorzeaExtendedというフォントが非公開になっています。
Final Fantasy XIV Fonts - dachoutom
サイトを見る限り再配布や改変などを許可している様子はないので、車輪の再開発になりますが再開発したいと思います。
またGitHubという外部サービスで公開すれば、非公開になることもないだろうという気持ちもあります。

私のツィートでしばらくまたフォント作成のことが多く流れると思いますが、お付き合いいただければ幸いです。

あ、でも、すでに作ってあるクガネ文字フォントは参考にするかもですよ(=゚ω゚) 参考にするぐらいは良いよね。

自分のブログで公開されているWebフォントを使う

Hello World!

と突然謎の文字を書いてみました。
上記は「Hello World!」と書いています。
フォントは私が遊んでいるFF14で使われているノルヴラント文字のフォントを使いました。
このフォントは私の自作なのですが、この記事のブログシステム:はてなブログ上にアップロードしたわけではありません。
今回の記事は自分のブログでWebフォントを使うお話です。

続きを読む

FF14雑記 : エオルゼアでもくもく会

もくもく会とは。
IT業界とかではたまに使われる用語なのですが、ただただ個々人が黙々と自分のやりたい作業をするだけの集まりです。
それをエオルゼアでもできれば良いなって思っています。

f:id:gelehrtecrest:20190917224015p:plain

今日の記事はそんなお話です。

続きを読む

スポンサーリンク