ゲレの工房

ゲーム好きの中の人が、自分が作りたいアプリを作る記録です

FF14雑記 : フォント作成しているけど、既に他の人がやっているんじゃないの問題について


スポンサーリンク


ハッシュタグ #クガネ文字 で検索すると次のようなツィートを見かけました。

どうやら

したもののようです。
ですので、クガネ文字フォント及びエオルゼア文字フォントをすぐに使いたい方は、上記ツィートからアクセスしてフォントをダウンロードするといいかもしれません。

しかーし私はフォント作成を続けていく

予定です。
理由は3つ

現在、クガネ文字フォントが公開されている場所が個人GoogleDrive

私はGitHubという、基本的に誰でも触れる環境にフォントを置くようにしています。
フォント置き場にはフォントへの直リンクしか書いてありませんが、見る人がみればGitHubで公開されているとわかり、管理されているURLもわかるでしょう。
将来的にはGitHubの場所も公開したいと思います。わかりやすく。

なぜGitHubで公開するのがいいか

GitHubというものになじみがない方も多いかと思いますが、簡単に説明すると、ここに置いてあるものはみんなが自由にダウンロードしたり改変・再開発・再配布していいよ(語弊のある表現ですが)という場所なのです。
GitHubにはフォント1文字ずつのSVG形式のファイルや、フォント化する前のGlyphアプリの保存ファイルも公開してあります。もちろん1文字ずつのPNGも公開しています。

1文字ずつのSVG形式・PNG形式の文字公開

SVG形式のファイルはAdobe社のillustratorなど、様々な画像加工・作成ソフトで加工できます。ベクター画像ですからね。
私のフォントが形がずれているとか、もっとフォントを綺麗にしたいという人の土台になればいいかなと思っています。

また、PNG画像をダウンロードして、ロゴなどの画像作品に用いていただいても構いません。

公開されているクガネ文字フォントが、すでに非公開になっているEorzeaExtendedを取り込んでいる

理由はわかりませんが、海外の方が作られたEorzeaExtendedというフォントが非公開になっています。
Final Fantasy XIV Fonts - dachoutom
サイトを見る限り再配布や改変などを許可している様子はないので、車輪の再開発になりますが再開発したいと思います。
またGitHubという外部サービスで公開すれば、非公開になることもないだろうという気持ちもあります。

私のツィートでしばらくまたフォント作成のことが多く流れると思いますが、お付き合いいただければ幸いです。

あ、でも、すでに作ってあるクガネ文字フォントは参考にするかもですよ(=゚ω゚) 参考にするぐらいは良いよね。


スポンサーリンク