ゲレの工房

ゲーム好きの中の人が、自分が作りたいアプリを作る記録です

FF14雑記:本日の「言語を超える力」精度テストとクウェインチュレル・ラッフルドレス 2020/09/20

私は「言語を超える力」というFF14用アプリを開発しています。
「言語を超える力」とはFF14スクリーンショットに書かれてあるエオルゼア文字を英数字に変換するためのアプリです。

詳しくはこの記事を
blog.gelehrte.com

さて今日は、FCメンバーに教えてもらった情報から、「クウェインチュレル・ラッフルドレス」に書かれているエオルゼア文字を読みたいなと思います。




クウェインチュレル・ラッフルドレス

jp.finalfantasyxiv.com

これにエオルゼア文字が書いてあるようです。

マケボでチェック!

いただいた情報がTwitter添付のスクリーンショットだったので、それっぽいものをマケボでチェック。
そこから「クウェインチュレル・ラッフルドレス」を試着!あ、これっぽい!
FF14雑記:本日の「言語を超える力」精度テストとクウェインチュレル・ラッフルドレス 2020/09/20

早速ミラプリしてみる!

FF14雑記:本日の「言語を超える力」精度テストとクウェインチュレル・ラッフルドレス 2020/09/20

え?なんで緑色に染めているかって?
みどふぇるだからですよ?!
#みどふぇる hashtag on Twitter

それはさておき

拡大!

FF14雑記:本日の「言語を超える力」精度テストとクウェインチュレル・ラッフルドレス 2020/09/20

切り抜き!

FF14雑記:本日の「言語を超える力」精度テストとクウェインチュレル・ラッフルドレス 2020/09/20

こちらでテストしてみたいと思います。
文字は「Dress Up」ですね。

2020/09/20の進捗

テストしようとした画像

さてこちらでテスト。再掲です。
FF14雑記:本日の「言語を超える力」精度テストとクウェインチュレル・ラッフルドレス 2020/09/20
今日のテスト評価はどうなるでしょうか?

「言語を超える力」の結果


Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

評価

  • エオルゼア文字 7文字
  • 「言語を超える力」が文字と認識できた数:0文字=約0% (誤認識0文字)
  • 「言語を超える力」が正しい英数字を判別できた数:0文字=約0%

考察

これも崩し文字っぽい形なので読みにくいですね。
でも、こういうのも読めるようになるといいな。
粛々と学習データに入れていきたいと思います。

脱線話題:ところで「Dress UP」って?

スクリーンショットだけ見て、文字が「Dress UP」ってのはすぐにわかったのですけど、この文字がどの装備か探すときに、Google先生に頼っていました。
そうするとこういう情報が

ニュー・エスティニアン = Dress-up Estinien

jp.finalfantasyxiv.com
na.finalfantasyxiv.com

「ニュー」が付くミニオンは「Dress-up」となるようですね!
面白い発見です!

イシュガルド復興でもらえるミニオンも多いので、ちょっと観察してみるのもいいかもですね。
Dress-up Estinien





広告





お手伝いして欲しいこと

ここからはいつものお願いです。
皆様にお手伝いして欲しいことがあります。

記事の一番下のブログランキングボタン

ブログランキングに参加するようにしました。
ボタンをポチっと押していただけるだけでも、いろんな人にこの記事を見てもらえる、この活動を見てもらえるので、お手伝いとしても嬉しいです!
スクリーンショットの提供が難しい場合は、ポチっと押していただけるだけでも励みになります!

皆様の読んでもらいたいエオルゼア文字の入ったスクリーンショットの提供

「言語を超える力」はたくさんのスクリーンショットを読み込み、学習し、より精度を増します。
もしよろしければ、皆様のエオルゼア文字の入ったスクリーンショットを提供していただけると嬉しいです。

最近少しずつスクリーンショットをいただけるようになりました!ありがとうございます!

ハッシュタグ#言語を超える力でこのSS読んで もしくは #languageecho_testSS で投稿していただけると嬉しいです。
できるだけ毎日ハッシュタグをチェックして、学習データに組み込みたいと思います。

お返しに何かできれば良いのですが、申し訳ないですが無償の提供をいただければ幸いです。
より良い「言語を超える力」のアプリ提供をできることが、何よりの感謝の気持ちの表現とさせていただければ嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

過去の関連記事

過去の関連記事はこちらです。
blog.gelehrte.com


スポンサーリンク