ゲレの工房

ゲーム好きの中の人が、自分が作りたいアプリを作る記録です

FF14雑記:本日の「言語を超える力」精度テストとお得意様「エル・トゥ」の名前 2020/09/03

私は「言語を超える力」というFF14用アプリを開発しています。
「言語を超える力」とはFF14スクリーンショットに書かれてあるエオルゼア文字を英数字に変換するためのアプリです。

詳しくはこの記事を
blog.gelehrte.com

さて今日は、お得意様エル・トゥの関連で、お得意様の表に書かれている名前部分がエオルゼア文字になっているという情報を得たので、それを学習データに入れたいなと思います。


お得意様「エル・トゥ」

お得意様「エル・トゥ」はパッチ5.3で追加された新しいお得意様NPCです。
蒼天街に設置されるNPCで、クエストを進めるごとに姿を少しずつ変えることが知られていました。

最初、このNPCエオルゼア文字すら書けなかったのです。

以前までのエル・トゥの文字

私としたことが、過去のエル・トゥの文字を記録に残していなかったので、こちらのサイトから引用
FF14雑記:本日の「言語を超える力」精度テストとお得意様「エル・トゥ」の名前 2020/09/03
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【FF14】本日のリセットでお得意様取引「エル・トゥ」のランクが5になりマウント「エル・トゥ」が開放!【画像有】|馬鳥速報

最終段階のエル・トゥの文字

こちらはスクショに撮れたので表示を。
FF14雑記:本日の「言語を超える力」精度テストとお得意様「エル・トゥ」の名前 2020/09/03
文字の部分だけ取り出すと以下の様に
FF14雑記:本日の「言語を超える力」精度テストとお得意様「エル・トゥ」の名前 2020/09/03
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

崩し文字で分かりにくいですが、「Ehll Tou」と書いているようです。
この名前は英語名のエル・トゥのホイッスルから綴りが分かると思います。
na.finalfantasyxiv.com

さて今回は、この崩し文字を学習データに入れてみたいなと思います。

2020/09/03の進捗

テストしようとした画像

さてこちらでテスト。再掲です。
FF14雑記:本日の「言語を超える力」精度テストとお得意様「エル・トゥ」の名前 2020/09/03
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
今日のテスト評価はどうなるでしょうか?

「言語を超える力」の結果

FF14雑記:本日の「言語を超える力」精度テストとお得意様「エル・トゥ」の名前 2020/09/03
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

評価

  • エオルゼア文字 7文字
  • 「言語を超える力」が文字と認識できた数:0文字=約0% (誤認識0文字)
  • 「言語を超える力」が正しい英数字を判別できた数:0文字=約0%

考察

崩し文字なのでしょうがないですね。
なかなか読めないようです。
ひとまず学習データに入れたいなと思います。



広告





お手伝いして欲しいこと

ここからはいつものお願いです。
皆様にお手伝いして欲しいことがあります。

記事の一番下のブログランキングボタン

ブログランキングに参加するようにしました。
ボタンをポチっと押していただけるだけでも、いろんな人にこの記事を見てもらえる、この活動を見てもらえるので、お手伝いとしても嬉しいです!
スクリーンショットの提供が難しい場合は、ポチっと押していただけるだけでも励みになります!

皆様の読んでもらいたいエオルゼア文字の入ったスクリーンショットの提供

「言語を超える力」はたくさんのスクリーンショットを読み込み、学習し、より精度を増します。
もしよろしければ、皆様のエオルゼア文字の入ったスクリーンショットを提供していただけると嬉しいです。

最近少しずつスクリーンショットをいただけるようになりました!ありがとうございます!

ハッシュタグ#言語を超える力でこのSS読んで もしくは #languageecho_testSS で投稿していただけると嬉しいです。
できるだけ毎日ハッシュタグをチェックして、学習データに組み込みたいと思います。

お返しに何かできれば良いのですが、申し訳ないですが無償の提供をいただければ幸いです。
より良い「言語を超える力」のアプリ提供をできることが、何よりの感謝の気持ちの表現とさせていただければ嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

過去の関連記事

過去の関連記事はこちらです。
blog.gelehrte.com


スポンサーリンク